ライブ・レコーディングへの参加

 

代表の三浦雄希は西日本を中心にキーボーディスト・ドラマーとして、歌手やアーティストのライブ・吹奏楽コンサート・TV収録・レコーディングに年間を通して多数参加しております。

 

レコーディングへの参加はオンライン(データのみのやり取り)で完結できます。

 

また、ライブ・コンサートへの参加もご依頼があれば全国どこへでも演奏に伺いますので、お気軽にお問い合わせください。 

 

プロのミュージシャンとして演奏の現場においては "フロントに立つ歌手・アーティストがリラックスして最高のパフォーマンスを発揮できることを一番に考えており、ありがたいことにこれまでにご一緒させていただいた方々からも大変ご好評いただいています。

 

 

ピアノ一本のみの伴奏はもちろん、アコースティックなものからバンド編成までお気軽にご相談ください。

 

 

アーティストのライブサポートやTVでの生演奏のバックバンドなど、まとまった人数や準備が大掛かりとなる現場のミュージシャン・音響・譜面の手配も承っております。

 

 

歌のため、そして最高の音楽のために、これからも日々努力し続けます。  

 

 

 

 

 

 

 

| ライブ・レコーディングへの参加の流れ

 

 

①お見積もり(無料)

 

 まずはお問い合わせよりお気軽にご相談下さい。

 

ライブへの参加の場合は、演奏をご依頼いただく楽器 (ピアノ・キーボード(オルガン)・ドラム・パーカッション) やイベントの詳細や日時、楽器編成やリハーサルの回数、予算などをご提示いただきます。

 

レコーディングへの参加は、スタジオに出向いて演奏するほか、オンライン(データのみでのやり取り)で完結することも可能です。

 

演奏をご依頼いただく楽器(ピアノ・キーボード(オルガン)・ドラム・パーカッション)の指定や楽曲の音源や譜面などの資料、予算などをご提示いただきます。

 

 

 

②演奏

 

 

ライブへの参加の場合は、

電子ピアノ(Roland FP-90)やドラムセット、カホン等の持ち込みも可能です。

 

なるべく低予算で動けるよう工夫はいたしますが、遠方の場合は別途交通費や宿泊費が発生いたしますので、ご了承ください。

 

レコーディングへの参加は、スタジオに出向いて演奏する場合はデモやマスターリズム譜(キメやコード進行が書かれたライブやレコーディングに使用する譜面)をもとに、最高の演奏を最短で録ることを心がけております。特にレコーディングに使用するスタジオは一時間あたりの料金が高額なため、スピーディーに良いテイクを残すことはとても大切なことと言えます。

 

オンラインでのデータ納品の場合は、ピアノ・キーボードは実際に事務所の電子ピアノで弾いたものをレコーディングしオーディオファイルに書き出しての納品、ドラムやパーカッションはスタジオで生楽器を演奏してレコーディングし、パラデータでの納品となります。 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

| 演奏料金

 

現場までの距離やリハーサルの回数など内容によって異なりますので、お問い合わせください。

 

複数の現場をまとめて同時にご依頼いただいた場合は割引させていただきます。